国境ヲコエテ笑 

虹
最近、久々にじっくり大黒摩季の曲を聴いている。元々好きなアーティストだったけど、大黒摩季は聞けば聞くほど本物のシンガーソングライターだなと思う。この大黒摩季のよさを改めて感じることができたことが嬉しかった。

大黒摩季も実力派と呼ばれるシンガーソングライターとして実際聴いていると本物だなと思うし、実力のあるアーティストは一曲ごとから放たれるパワーや重みが、単に「アイドル」で括られる芸能人とは訳が違う。何しろ、そこにあるのは人を惹きつける自由と大黒摩季のエネルギーそのもの。こんなに自由にエネルギッシュに作曲して、自分には絶対出せないようなあんなパワフルな声量でスカーーッ!と歌えたらそりゃあもうただただ幸せの一言に尽きるだろうね。そう思いながら最近あの曲やこの曲を再度聴き直している。

かつてのヒット曲みたいなパワフルでエネルギッシュな曲はもちろん、大黒摩季は秘めた情熱をバラードとかスローテンポで歌い上げたり、いろんな表現が豊かにできるアーティストだなと思う。どっちもそれぞれによさがあるし、好きなものやいいなあと一度感じたものは時代を越えてスキ。
最近では久々に虹ヲコエテを聞いてみたくなり、オンラインでダウンロードした。

虹ヲコエテと曲調が似てるものでは「空」があるけど、(思えばテーマが同じ空つながりってこともあるからだろうな)何というか、ただゲンキがよくてパワーがあることに留まらず、大黒摩季独特の希望があるのよ、希望が笑。だから自ずと力が出てくるような気持ちになるし、何度聴いてもいいなぁーと思えるのであって♪

虹ヲコエテは明るい曲だし、ブリッジに入る前のつなぎのメロディ部分が極めて希望があると感じる。これぞ大黒摩季だよ!っていう引き上げていき方でグワーッ!とパワフルに、ナチュラルに、さわやかにと、よくぞあんなにセンスよく、歌詞なくして曲を持っていけるものだ。このよさに気づけたこともまた嬉しかった。

虹ヲコエテは太陽が呼ぶようないいお天気のときのお供にもピッタリだと思う。湘南ドライブにもピッタリで聞きながら江ノ島あたり向かいたくなる曲だわね♪いい曲は虹ヲコエテ国境ヲコエテなのだ笑

これからも時代を越えて大黒摩季以外のアーティストの曲のよさも感じていられる私でありたい。

コメントは停止中です。